利きワインは香りが決め手!!

ご家庭で簡単!!利きワイン大会をやってみた!!

みなさんこんにちは、自称ワインソムリエ森田です。

ニュージーランドは、美味しいワインが安く飲めることで有名です。無料で試飲できるワイナリーもたくさんあります。

ワインが無料で試飲できる島「ワイヘケ島」を自転車で一周してみた!!

安くて美味しいワインを楽しんでおります。

利きワイン大会のはじまり

今回、4種類のワインを頂いたので、家で利きワイン大会を開いてみることにしました。

赤ワインが4種類あります。img_8957

一回に4種類も飲めるなんて贅沢ですね!!

おつまみにはブルーチーズ、サラミ、手作りクッキーを用意しました。

img_8947

とりあえず始める前にビールを飲みながら、ワインんも飲んじゃいますよね。

酔っ払いながらやると盛り上がること間違いなしです。

 

まずは味を覚えるためにテイスティングします。

小さいグラスに入れて、1つずつ味や香りを覚えていきます。

ワインは香りが大切!

ワイングラスを回して香りを立たせて、まずは香りを楽しみましょう。

img_8966

おもいっきり鼻詰まってますけどね。

左の鼻の穴は完全に詰まっていたので、右の穴だけで香りを覚えます。

風邪気味の子犬くらいの嗅覚をもつ僕なので、左鼻穴が塞がっていても、この作業は容易です。

そして次に味を楽しみます。

img_8969

舌に神経を集中させましょう。

インドで10日間の瞑想を終えて、体の一点に「気」を集中させる能力を得た僕ですので、 この作業も容易です。

口の中で複雑に絡み合う味を楽しみましょう。

この時、どのワインにどんな特徴があるのかをしっかりと舌と脳に叩き込んでください。

 

そしていよいよ利きワイン大会の開会です。

まずは選手宣誓をし、スポーツマンシップにのっとり利きワインすることを誓います。

ワインの色を見てしまうと、公平に味で判断できないため、目隠しをします。

img_9000

目を隠すために、金色の蛇口パンツを使用します。

逆さに履くことによって変態さが軽減されます。

なんか、アラブの石油王みたいな感じになります。

 

さっそくテイスティングしましょう。

まずは口に含ませ、舌で転がすように味わいます。

img_8985

蛇口が顔に落ちてきて邪魔なので、左手で押さえましょう。

左手は添えるだけです。

 

いい感じによってきたらカッコつけながら飲んでみましょう。

img_8994

蛇口の位置を常に意識し、テイスティングしている自分に酔いしれましょう。

img_8987

せっかくのいいショットが、頭にパンツを被っていることで台無しですが、それが利きワインというものです。

 

僕の場合、風邪気味の子犬並みに鼻がきくので、とりあえず香りを楽しみます。

img_8991

左の鼻の穴が詰まっているので、右の穴だけで香りを楽しみます。

香りをたのしみます。

う〜ん、いい香り!!

いい香り、、あれ???

あれ????

img_8990

 

右の穴も詰まってるやんけ!!!!

 

この短時間で!!

耳鼻科いこ!明日にでも耳鼻科行ってきます!!

 

そんな感じで利きワイン大会は進んでいき、、、

4種類をテイスティングしたのち、飲んだ順番にワインの名前を言って答え合わせをします。

img_9002

風邪気味の子犬並みの嗅覚と、舌に気を集中させる能力のおかげですぐに答えわかりました。

簡単ですよこんなの。

ぶどうの風味も、樽の香りも、

取れた地域も醸造した場所も作った人の想いも違うわけですから。

このワインを作った人の気持ち考えたらその景色とか頭に浮かんできますから。

 

img_8994
これ、「CHALK HILL」ですよね。この香りといい深みといい。ワインの生産者の顔が浮かんできますよ。

img_8985
え、違うんだけど。

img_8994
え、、マジですか。

img_8985
これ、Mt.Monsterだから。

img_8994
え、まあ、あの、今日鼻詰まってますから。

img_8985
とりあえず、ワインとワインの生産者とブログ読者に謝って。

img_8994
ほんと、調子こいてすいませんでした。

 

みなさんも利きワイン大会を行う際は、前もって耳鼻科の診察をお勧めします

img_8991

人間は五感をフルに使ってワインを楽しんでいるのだなと思いました。

まつのすけ

ABOUTこの記事をかいた人

たこ焼きを愛し、世界中でたこ焼きを焼くために飛び回っているたこ焼き野郎です。世界中で金色の全身タイツや、ドラゴンボールのフリーザの格好で人を楽しませ、「クレイジー」と言われることに快感を得ています。現在ニュージーランドでたこ焼きを売るため、奮闘中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です